キャリアアップ助成金 Ⅳ 健康管理コース

健康管理コース

有期契約労働者等に対して法定外の健康診断制度を導入する事業主に対して助成されます。

 

受給要件

健康管理コース助成金は、有期契約労働者等のキャリアアップに関するガイドラインに沿って、1の対象労働者に対して2と3の措置を実施した場合に受給することができます。

 

1

対象労働者健康管理コース助成金の「対象労働者」は、申請事業主が雇用する次の(1)または(2)のいずれかに該当する労働者です。なお、短時間労働者または申請事業主が派遣元事業主である場合の派遣労働者は、その雇用契約期間に応じて(1)または(2)として取り扱われます。(1)有期契約労働者(2)無期雇用労働者

2

キャリアアップ管理者の配置・キャリアアップ計画の認定ガイドラインに沿って、事業所ごとに「キャリアアップ管理者」を配置するとともに、「キャリアアップ計画」を作成して、それについて管轄の労働局長の認定を受けること

3

健康診断制度の導入2のキャリアップ計画に基づき、次の(1)~(4)のすべてを満たす法定外の健康診断制度を規定し、実施したこと(1)対象労働者を対象とした、次の[1]~[4]のいずれかに該当する健康診断の制度をキャリアアップ計画期間中に新たに労働協約または就業規則に規定したこと[1] 雇入時健康診断 (事業主が全額負担)[2] 定期健康診断 (事業主が全額負担)[3] 人間ドック (事業主が半額以上負担)[4] 生活習慣病予防検診 (事業主が半額以上負担)(2)(1)の健康診断の制度が、対象労働者の延べ4人以上に実施したこと

(3)支給申請日において(2)の健康診断の制度が継続していること

(4)健康診断等の費用を次のとおり負担したこと

[1] 雇入時健康診断および定期健康診断については、事業主が費用の全額を負担したこと

[2] 人間ドックおよび生活習慣病予防検診については、事業主が費用の半額以上を負担すること

 

受給額

健康管理コース助成金の支給額は、1事業所当たり30万円(40万円)です。( )内は中小企業事業主の場合

 

 有期契約労働者等のキャリアアップに関するガイドライン

 

健康管理

有期契約労働者等について、より良い健康管理を行うため、労働安全衛生法上義務付けられている健康診断以外の一定の健康診断の制度を実施すること。