キャリアアップ助成金 Ⅵ 短時間労働者の週所定労働時間延長コース

短時間労働者の週所定労働時間延長コース

週所定労働時間が25時間未満の有期契約労働者等について、当該週所定労働時間を30時間以上に延長した事業主に対して助成されます。

(社会保険適用を受けることのできる労働条件が確保された短時間労働者の雇用)

 

受給要件

短時間労働者の週所定労働時間延長コースは、有期契約労働者等のキャリアアップに関するガイドラインに沿って、1の対象労働者に対して2と3の措置を実施した場合に受給することができます。

1

対象労働者短時間労働者の週所定労働時間延長コースにおける「対象労働者」は、申請事業主が雇用する次の(1)~(3)のすべてに該当する労働者です。なお、有期契約労働者であるか無期雇用労働者であるかは問いません。

(1)週所定労働時間が25時間未満の労働者であること

(2)週所定労働時間が25時間未満の労働者として雇用された期間が6か月以上であること

(3)下記3によって週所定労働時間が30時間以上に延長された前日から起算して過去6か月間に社会保険の適用を受ける労働者でなかったこと

2

キャリアアップ管理者の配置・キャリアアップ計画の認定ガイドラインに沿って、事業所ごとに「キャリアアップ管理者」を配置するとともに、「キャリアアップ計画」を作成して、それについて管轄の労働局長の認定を受けること

3

短時間労働者の週所定時間の延長2のキャリアアップ計画に基づき、対象労働者の週所定労働時間延長を次の(1)~(4)のすべてを満たして実施したこと

(1)対象労働者の週所定労働時間30時間以上に延長したこと

(2)(1)の延長後、6か月以上経過したこと

(3)(1)の延長した日以降の期間について、当該対象労働者について社会保険の適用をすること

(4)(1)の延長の際、週所定労働時間および社会保険加入状況を明確にした「労働条件通知書」または「雇用契約書」を作成し当該対象労働者に交付したこと

 受給額

1 短時間労働者の週所定労働時間延長コースの支給額は、支給対象者1人当たり7万5,000円(10万円)です。( )内は中小企業事業主の場合

2 Vの「短時間正社員コース」の人数と合計し、1年度1事業所あたり10人までが上限です。

 有期契約労働者等のキャリアアップに関するガイドライン

短時間労働者の希望に応じた社会保険適用に向けた所定労働時間の拡大 短時間労働者について、その希望に応じて、所定労働時間を増やし、被用者保険(厚生年金保険・健康保険)の適用を受けられるようにするなど、より通常の労働者に近い働き方が可能となる制度を整備すること。