健康保険の傷病手当金2

2014-09-30

社会保険労務士丸山事務所 (町田社会保険労務士) 社労士インフォメーション

 

健康保険の傷病手当金2

 

傷病手当金の支給される金額

支給額は、病気やけがで休んだ期間、一日につき、標準報酬日額の3分の2に相当する額です。

 

傷病手当金との調整

・ 事業主から報酬の支給を受けた場合

・ 同一の傷病により障害厚生年金を受けている場合(同一の傷病で国民年金の障害基礎年金を受けているときは、その 合算額)

・ 退職後老齢厚生年金老齢基礎年金又は退職共済年金などを受けている場合

(複数の老齢給付を受けるときは、その合算額)

支給日額が、傷病手当金の日額より多いときは、傷病手当金は支給されません

支給日額が、傷病手当金の日額より少ないときは、その差額が支給されます。

 

支給される期間

傷病手当金は、病気やけがで休んだ期間のうち、最初の3日(待機期間)経過後4日目から支給されます。

その支給期間は、支給を開始した日から数えて1年6か月です。

途中で、出勤した場合にその日数が延長されることはありません

 

退職後(資格喪失後)の継続給付

・ 退職日まで引続き1年以上健康保険の被保険者であること

・ 退職日に傷病手当金を受けられる条件を満たしていること

・ 退職日に欠勤していること

以上の場合に、継続給付が受けられます。

 

 

労働保険社会保険手続き給与計算労務管理など年金人事労務にかかわるご相談は町田社労士である当社会保険労務士事務所