労働安全法88条第1項の届出が廃止

労働安全法88条第1項の届出が廃止されました

平成26年12月1日施行

 

規模の大きい工場等※で建設物、機械等の設置、移転等を⾏う場合の事前届出が廃止されます。

 

届出が義務付けられていた項目

製造業(一部除外)、電気業、ガス業、⾃動⾞整備業、機械修理業であって、電気使⽤設備の定格容量の合計が300キロワット以上の事業場

 

提出先:労働基準監督署長

労働安全衛生法第88条1項  (機械等の事前届出規制)

旧 法

新 法

規模の大きい工場等で生産ライン等を新設・変更する場合は事前の届出

削除

危険な機会等を設置・移転等する場合の事前の届出

危険な機会等を設置・移転等する場合の事前の届出

大規模建設工事は事前の届出

大規模建設工事は事前の届出

一定規模以上の建設工事は事前の届出

一定規模以上の建設工事は事前の届出