同月得喪時の社会保険料と国民年金保険料

2014-10-09

社会保険労務士丸山事務所 (町田社会保険労務士) 社労士インフォメーション

  

同月得喪時の社会保険料と国民年金保険料

 

社会保険の同月得喪失

10月1日に入社し、10月20日に退社した場合、10月分の社会保険料は発生します。

国民年金の加入と保険料

国民年金の保険料も加入した月から発生します。

 

保険料の二重払い

昭和36年4月から始まった国民皆年金制度の元では、社会保険の資格を喪失した場合、国民年金へ加入することとされています。

上記の通り、国民年金も資格を取得した月から保険料が発生しますので、10月は、社会保険料として10月分の厚生年金保険料を支払、10月分の国民年金の保険料も支払う必要があります。

 

結果として、保険料の2重払いとなっているので手続きを間違えているのでは?と思う方もおられると思いますが、法律上このような取り扱いとなっており間違えているわけではありません。

 

 

労働保険社会保険手続き給与計算労務管理など年金人事労務にかかわるご相談は町田社労士である当社会保険労務士事務所