雇用保険 〈技能習得手当など〉

2014-10-23

社会保険労務士丸山事務所 (町田社会保険労務士) 社労士インフォメーション

 

技能習得手当

雇用保険受給資格者が公共職業安定所長又は地方運輸局長の指示又は受講推薦を受けることが必要です。

(職業訓練施設での選考に合格した人が訓練を受講できます。)

雇用保険の基本手当(失業給付)を受給中の方が公共職業訓練を受講した場合は、受講途中に所定給付日数が終了しても、基本手当の支給が訓練終了まで(最長2年)延長されます(訓練延長給付)。

訓練開始日に所定給付日数を一定以上残した状態でないと訓練延長給付は支給されませんので注意が必要です。

訓練開始日の支給残日数

                       

 

公共職業訓練等を受講する場合には基本手当とは別に受講手当と通所手当の二種類が支給されます。また一定の条件のもとに寄宿手当支給されることがあります。

 

受講手当

受講手当は、受給資格者が公共職業安定所長の指示した公共職業訓練等を受ける場合に支給されます。支給の対象となるのは、基本手当の支給の対象となる日のうち公共職業訓練等を受けた日です。

 

通所手当

通所手当は、受給資格者の住所又は居所から公共職業訓練等を行う施設へ通所するために交通機関、自動車等を利用する場合に支給されます。

 

寄宿手当

寄宿手当は、受給資格者が公共職業安定所長の指示した公共職業訓練等を受けるために、家族(その者により生計を維持されている同居の親族)と別居して寄宿する場合に支給されます。

 

 

 

次回は傷病手当金について説明します。

 

労働保険社会保険手続き給与計算労務管理など年金人事労務にかかわるご相談は町田社労士である当社会保険労務士事務所