雇用保険 〈特例一時金〉

2014-10-24

社会保険労務士丸山事務所 (町田社会保険労務士) 社労士インフォメーション

 

特例一時金とは

特例一時金とは、季節的に雇用されている人等を短期雇用特例被保険者として、一般の被保険者と区別して給付されるものです。

 

特例一時金の受給要件

特例一時金は次の①~③まで全てを満たした場合に支給されます。

 

① 原則として離職の日以前1年間に、被保険者期間が6か月以上あること。

(一月中に賃金支払基礎日数の11日以上ある月を1か月とします)

② 積極的に働く意思(気持ち)と、能力(状態)があり、仕事を探しているにもかかわらず、仕事に就いていない状態にあること。

③ ハローワークに求職申込みを行うこと。

 

特例一時金の受給期間

給付を受けられる期間は、離職の日の翌日から6か月間です。

ハローワークに求職申込みを行い受給資格の決定を受け、失業している日が通算して7日間の待期を経過し、失業状態であることが認定された場合に、基本手当日額の40日分が特例一時金として支給されます。

平成19年10月から、法律の改正により給付水準が変更され基本手当日額の30日に相当する額となりましたが、当分の間は基本手当日額の40日分に相当する額とされています。

ただし、離職の日の翌日から起算して6か月後の日までの日数が30日未満であるときはその日数分となります。

 

次回は日雇労働求職者給付金について説明します。

 

 労働保険社会保険手続き給与計算労務管理など年金人事労務にかかわるご相談は町田社労士である当社会保険労務士事務所