雇用保険 基本手当 〈基本手当基本手当日額早見表〉

2014-10-20

社会保険労務士丸山事務所 (町田社会保険労務士 社労士インフォメーション

 

基本手当日額早見表を作成しました。

注)下記の表は賃金日額・年齢・給付率を基に注意して作成しておりますが金額を保証するものではありません。

基本手当日額は必要に応じてハローワークのホームページや公共職業安定所にて確認してください。

早見表の下に29歳、46歳、63歳の基本手当日額及び一月の基本手当の額を算出していますので参考にしてください。

基本手当日額早見表

(平成26年8月1日現在)  賃金日額を100円単位で算出しております。

 失業認定期間の間にアルバイト等で収入を得ていない場合は、基本的には上記基本手当日額の28日分の基本手当になりますので基本手当日額を28倍すると基本手当の額になります。

例 29歳、46歳、63歳

29歳で賃金日額が14,000円の方の基本手当日額及び一月分の基本手当額

上記早見表から賃金日額14,000円の基本手当日額が6,390円ということがわかります。

その月にアルバイトなどの収入がない場合は、28日分の基本手当が支給されますので

基本手当日額6,390円×28日で一月の基本手当は178,920円となります。

46歳で賃金日額が14,000円の方の基本手当日額及び一月分の基本手当額

上記早見表から賃金日額14,000円の基本手当日額が7,000円ということがわかります。

その月にアルバイトなどの収入がない場合は、28日分の基本手当が支給されますので

基本手当日額7,000円×28日で一月の基本手当は196,000円となります。

63歳で賃金日額が14,000円の方の基本手当日額及び一月分の基本手当額

上記早見表から賃金日額14,000円の基本手当日額が6,300円ということがわかります。

その月にアルバイトなどの収入がない場合は、28日分の基本手当が支給されますので

基本手当日額6,300円×28日で一月の基本手当は176,400円となります。

労働保険社会保険手続き給与計算労務管理など年金人事労務にかかわるご相談は町田社労士である当社会保険労務士事務所