雇用保険 基本手当 受給要件1

2014-10-15

社会保険労務士丸山事務所 (町田社会保険労務士) 社労士インフォメーション

 

基本手当には、「本人の状況によるもの」と、「被保険者期間」によるものの大きく2つの受給要件があります。

 

受給要件〈本人の状況によるもの〉

雇用保険被保険者離職して、次の1及び2のいずれにも該当する場合に一般被保険者には基本手当が支給されます。

 

1. ハローワークに来所し求職の申込みを行うこと。

2. 就職する意思と能力があり「求職活動」をおこなっているにもかかわらず、職業に就くことができない状態にあること。

 

「求職活動」に該当しない行為

新聞、雑誌、ネットでの求人情報閲覧や知人への就職のあっせん依頼など

 

このため、次の1.~5.などに該当する場合、基本手当は支給されません

1. 病気やけがのため、すぐには就職できない場合

2. 妊娠・出産・育児のため、すぐには就職できない場合

3. 家族の介護などのため、すぐには就職できない場合

4. 定年などで退職して、しばらく働かずに休養しようと思っている場合

5. 結婚などにより、しばらく家事に専念するため、すぐに就職しない場合 など

 

 

次回は被保険者期間について説明します

 

労働保険社会保険手続き給与計算労務管理など年金人事労務にかかわるご相談は町田社労士である当社会保険労務士事務所