雇用保険の給付の種類

2014-10-14

社会保険労務士丸山事務所 (町田社会保険労務士) 社労士インフォメーション

 

雇用保険は

・労働者が失業してその所得の源泉を喪失した場合、労働者について雇用の継続が困難となる事由が生じた場合及び労働者が自ら職業に関する教育訓練を受けた場合に、生活及び雇用の安定と就職の促進のために失業等給付を支給

・失業の予防、雇用状態の是正及び雇用機会の増大、労働者の能力の開発及び向上その他労働者の福祉の増進を図るためのニ事業を実施しています。

 

雇用保険の給付の種類は下記の給付をおこなっています。

 

 失業等給付〈求職者給付〉

一般求職者に対する求職者給付  

基本手当・技能習得手当(受講手当・通所手当)・寄宿手当・傷病手当

高年齢継続被保険者に対する求職者給付  高年齢求職者給付金

短期雇用特例被保険者に対する求職者給付  特例一時金

日雇労働被保険者に対する求職者給付  日雇労働求職者給付金

 

失業等給付〈就職促進給付〉

就業促進手当(再就職手当・就業促進定着手当・就業手当・常用就職支度手当)移転費・広域求職活動費

失業等給付〈教育訓練給付〉  

教育訓練給付金

失業等給付〈雇用継続給付〉  

高年齢雇用継続給付・育児休業給付・介護休業給付

 

雇用保険二事業〈雇用安定事業

・事業主に対する助成金

・中高年齢者等再就職の緊要度が高い求職者に対する再就職支援

・若者や子育て女性に対する就労支援 など

 

雇用保険二事業〈能力開発事業〉

・在職者や離職者に対する訓練

・事業主が行う教育訓練への支援

・職業能力評価制度の整備

・ ジョブ・カード制度の構築 など

 

次回より雇用保険の制度について説明します。

 

 

 

労働保険社会保険手続き給与計算労務管理など労務にかかわるご相談は町田社労士である当社会保険労務士事務所