タクシー運転者の労働時間等(改善基準1)

タクシー・ハイヤー運転者の労働条件の改善を図るため、労働大臣告示「自動車運転者の労働時間等の改善のための基準」(改善基準告示)が策定されています。

拘束時間・休息期間

改善基準告示は、自動車運転者の労働の実態を考慮し、拘束時間、休息期間等について基準を定めています。

拘束時間とは

始業時刻から終業時刻までの時間で、労働時間と休憩時間(仮眠時間を含む)の合計時間をいいます。

休息期間とは

勤務と次の勤務の間の時間で、睡眠時間を含む労働者の生活時間として、労働者にとって全く自由な時間をいいます。

 労働時間には、時間外労働時間と休日労働時間が含まれますので、その時間数・日数をできるだけ少なくして、改善基準告示に定める拘束時間内の運行、休息期間の確保に努める必要があります。

タクシーの日勤勤務者の拘束時間及び休息期間

1箇月の拘束時間

1箇の拘束時間は299時間が限度です。

下記車庫待ち等の運転者に係る特例参照

1日の拘束時間と休息期間

 ① 1日(始業時刻から起算して24時間をいいます。以下同じ)の拘束時間は13時間以内を基本とし、これを延長する場合であっても16時間が限度です。

 ② 1日の休息期間は継続8時間以上必要です。

 ③ 拘束時間と休息期間は表裏一体のものであり、1日とは始業時刻から起算して24時間をいいますので、1日(24時間)=拘束時間(16時間以内)+休息期間(8時間以上)ということです(図1参照)。

(図1)この図は、車庫待ち等の運転者の特例がないときのものです。

 

車庫待ち等の運転者に係る特例

 ① 車庫待ち等の運転者(顧客の需要に応ずるため常態として車庫等において待機する就労形態のタクシー運転者)については、書面による労使協定を結ぶことにより、1箇月の拘束時間を322時間まで延長することができます。

労使協定で定める事項

・協定の適用対象者

・1箇月についての拘束時間の限度

・協定の有効期間等

② 車庫待ち等の運転者については、以下の要件の下に1日の拘束時間を24時間まで延長することができます。

 ア 勤務終了後、継続20時間以上の休息期間を与えること。

 イ 1日の拘束時間が16時間を超える回数1箇月について7回以内であること。

 ウ 1日の拘束時間が18時間を超える場合には、夜間4時間以上の仮眠時間を与えること。

が定められています。