タクシー運転者の労働時間等(改善基準4)

時間外労働及び休日労働の限度

時間外労働及び休日労働の拘束時間の限度

時間外労働及び休日労働は1日又は2暦日の拘束時間及び1箇月の拘束時間

日勤勤務者 :原則、1日16時間、1箇月299時間

隔日勤務者 :原則2暦日21時間、1箇月262時間

(書面による労使協定がある場合は270時間))が限度(図1参照)。

 ※時間外労働及び休日労働を行う場合には、労働基準法第36条第1項に基づく時間外労働及び休日労働に関する協定届を労働基準監督署へ届け出る必要があります。

(図1)

 

1日

2日

3日

4日

5日

6日

28日

29日

30日

各日の拘束時間

15

14

18

13

15

14

8

17

16

累計拘束時間

15

29

47

60

75

89

267

284

304

休日労働の限度

休日労働は1筒月の拘束時間の限度内で2週間に1回が限度です。

 

ハイヤーの運転者の時間外労働

ハイヤーについては拘束時間や休息期間等の規制は適用されませんが、時間外労働に関しては、1箇月50時間又は3箇月140時間及び1年間450時間の目安時間の範囲内で労使で協定を締結する必要があります。

 

期間

上限時間

1箇月間

50時間

3箇月間

140時間

1年間

450時間