傷病手当金と老齢年金の調整

傷病手当金を受給している方が、ご退職後(資格喪央後)に老齢厚生年金、老齢基礎年金、退職共済年金等(以下「老齢(退職)年金」)を受けるようになったときは、傷病手当金の支給額が調整されます。

 

1.傷病手当金が老齢(退職)年金の日額換算額よりも多い場合

傷病手当金の日額と老齢(退職)年金の額(注)を360で割った額(1円未満は切り捨て)とを比較して、傷病手当金の金額の方が多ければ、その差額が傷病手当金として支給されます。

傷病手当金と老齢(退職)年金の調整

(例)傷病手当金日額6,000円、老齢(退職)年金額180万円

傷病手当金と老齢年金(老齢厚生年金+老齢基礎年金)の調整

(例)傷病手当金日額8,000円、老齢厚生年金額146万円 老齢基礎年金70万円

複数の老齢または退職を支給事由とする年金等を受給するときは、その合算額

 

2.傷病手当金が老齢(退職)年金の日額換算額よりも少ない場合

傷病手当金の日額と老齢(退職)年金の額(注)を360で割った額(1円未満は切り捨て)とを比較して、傷病手当金の金額の方が少なければ、傷病手当金は支給されません。

(申請された期間は不支給になります。)

 

傷病手当金と老齢(退職)年金の調整

(例)傷病手当金日額6,000円、老齢(退職)年金額250万円

傷病手当金と老齢年金(老齢厚生年金+老齢基礎年金)の調整

(例)傷病手当金日額8,000円、老齢厚生年金額146万円 老齢基礎年金70万円

複数の老齢または退職を支給事由とする年金等を受給するときは、その合算額

 

老齢(退職)年金と調整されずに受給した傷病手当金がある場合は、調整の上、返還することになります。退職後の傷病手当金を請求される方が、老齢(退職)年金を受けられるようになった場合、また既に受けている場合は、協会けんぽに連絡するか、傷病手当金の申請時に、年金証書の写しや直近の年金額を証明する書類(年金額改定通知書の写し等)を添付するようになります。