厚生年金保険の任意加入

加入要件

厚生年金保険では、被保険者が70歳に達すると被保険者資格を喪失しますが、70歳以上になっても老齢年金の受給資格期間を満たしていない方で、事業所に勤めている方は受給資格期間を満たすまで、「高齢任意加入被保険者」として厚生年金保険に任意加入することができます。

 

加入手続き

手続き窓口

事業所の所在地を管轄する年金事務所

届出・申請書名

厚生年金保険高齢任意加入被保険者資格取得申出書

添付書類

年金手帳または基礎年金番号通知書、生年月日に関する市区町村長の証明書または戸籍抄本、履歴書など

提出期限

加入入するとき

提出者

加入者本人 

保険料

原則として全額自己負担で、保険料の納付手続きも本人が行うことになります。ただし、事業主が同意すれば、一般被保険者と同様に事業主が保険料の半額を負担し、納付の手続きを行うこともできます。

 

適用事業所以外に勤務する場合の高齢任意加入

適用事業所以外の事業所に勤めている方も、事業主の同意を得て、年金事務所に申請して認可されれば高齢任意加入被保険者になることができます。

保険料は本人と事業主が折半して負担することとなるため、事業主の同意がない場合には、高齢任意加入被保険者になることはできません