国民健康保険の加入

加入要件

健康保険の被保険者、その被扶養者、任意継続被保険者以外の人は原則として国民健康保険に加入することになります。(国民健康保険組合に加入している場合の加入できません)

また、社会保険に加入していた人が後期高齢者医療制度に移行した場合は、その扶養家族となっていた方は国民健康保険の加入の手続きが必要です。

 

加入手続き

手続き窓口

住所地の市区役所または町村役場

添付書類

被用者保険の被保険者の資格を喪失したことが確認できる書類など

提出期限

退職日の翌日(他の健康保険の被保険者またはその被扶養者でなくなったとき)から14日以内です。

提出者

国民健康保険に加入する方の属する世帯の世帯主です。

 

保険料

国民健康保険法による保険料方式と地方税法による保険税方式があり、市区町村によってそれぞれ異なります。

 

町田市の場合

【手続き・届出ができる場所】

保険年金課、忠生市民センター、南市民センター、なるせ駅前市民センター、鶴川市民センター、堺市民センター、小山市民センターなど

※国民健康保険被保険者証の交付は、原則郵送となります。ただし、官公庁発行の顔写真付き身分証明があれば、手渡し交付できます。(別世帯の方の申請は、郵送となります。)

相模原市の場合

【手続き・届出ができる場所】

国民健康保険課、緑区役所区民課・南区役所区民課、各まちづくりセンター(橋本、本庁地域、大野南まちづくりセンターを除く)及び各出張所。

 

資格の喪失日がわかる書類の具体例

退職日や社会保険喪失日が記載された書類のうち、次のいずれか一つを用意する必要があります。ただし、本人のほか、被扶養者が加入する場合は、加入する人全員について記載された証明書が必要になります。

社会保険資格喪失証明書

退職証明書

離職票

源泉徴収票(退職日記載のされているもの)

(注)「退職証明書」、「離職票」、「源泉徴収票」については、退職された本人のみが加入の場合のみに使用できます。