国民年金の任意加入

加入要件

1. 60歳以上で老齢基礎年金の受給資格期間を満たしていない方受給資格期間は満たしているが保険料を納付した月数が少なく満額(40年間保険料納付分)の老齢基礎年金が受けられない方は、65歳になるまで国民年金に任意加入することができます。

 

2. 特例措置として、昭和40年4月1日以前に生まれた方で老齢基礎年金の受給資格期間を満たしていない方は、70歳になるまでの間受給資格期間を満たすまで任意加入(特例任意加入)することができます。

上記1及び2の違いは、1の場合受給資格期間を満たしている方も、年金額を増やすために加入できますが、2の特例任意加入の場合は受給資格期間を満たしていない方に限られます。

また、日本に国籍がある20歳以上65歳未満海外在住者も任意加入することができます。

※老齢基礎年金の繰上げ支給を受けている方は、任意加入することはできません。

 

加入手続き

●手続き窓口‥‥‥‥住所地の市区役所または町村役場

●添付書類‥‥‥‥‥年金手帳または基礎年金番号通知書

●提出者‥‥‥‥‥‥ご本人(海外在住の方は国内在住の協力者を含む)

60歳以上の方が任意加入する場合は、原則として口座振替により保険料を納付することとなっているため、口座番号がわかるものおよび金融機関の届出印が必要となります。

 

保険料

国民年金の第1号被保険者と同じですが、保険料の免除制度はありません。

65歳未満の間は付加保険料も払うことができます、65歳以上の特例任意加入では付加保険料を納付することはできません。