国民年金はいくらもらえるの? 

国民年金の額を計算する式

 国民年金の保険料納付済期間とは

① 昭和36年4月以降の強制加人または任意加人にかかわらず、国民年金の保険料を納付した期間

② 昭和61年4月以降の第3号被保険者であった期間

③ 国民年金の保険料の全額免除、半額免除された間間および保険料の4分の1または4分の3の免除期間のうち保険料を追納した期間

④ 学生の特例納付期間や30歳未満の若年者の保険料の納付を猶予された期間のうち保険料を追納した期間

⑤ 厚生年金保険の被保険者または共済組合等の組合員・加入者であった期間のうち昭和36年4月以降の20歳以降60歳未満の期間 など

 

国民年金の保険料免除期間とは

① 法定免除および申請免除による保険料の全額免除期間

② 平成14年4月以降の保険料の半額免除期間および平成18年7月以降の保険料の4分の1や4分の3の免除期間

③ 本土復帰前の沖縄県のみなし期間 など

 

申請免除には、全額免除、4分の3免除、半額免除、4分の1免除、全額免除の4種類があり平成21年3月以前と4月以降で計算が異なりますので計算方法は8種類になります。

免除期間は下図のようになります。

平成21年3月以前

 

平成21年4月以後

 

合算対象期間の代表的なものは

① 昭和61年3月31日以前の被川者年金の加入者の配偶者(国民年金の任意加入の対象者)の期間のうち、国民年金に任意加入しなかった期間

② 20歳以上60歳未満の学生であった期間のうち、任意加入しなかった平成3年3月31日以前の期間または平成12年4月以降の学生の納付特例を受けた期間で保険料を納付しなかった期間

③ 平成17年4月以降で30歳未満の第1号被保険者の保険料納付が猶予された期間で保険料を納付しなかった期間(平成37年6月までの時限措置)

④ 被用者年金制度から老齢・退職給付を受けることのできる20歳以上60歳未満の人で任意加入しなかった期間

⑤ 日本国民で海外に居住していた期間のうち、昭和36年4月1日以降で20歳以上60歳未満の期間 など

 

国民年金はいくらもらえるの? 2 では実際に年金額を計算してみます。