国民年金を増やすためには?3

昭和29年4月15日生まれの人(Aさん)の場合を例に年金額を計算してみます。

 

① 会社に勤めて厚生年金に加入していた期間

昭和49年4月~平成5年3月まで

② 会社を退職した後、国民年金の保険料を払っていなかった期間

平成5年4月~平成6年3月まで

③ 海外行っていた期間

平成6年4月~平成14年3月まで

④ 半額免除を申請した期間

平成14年4月~平成21年3月まで

⑤ 半額免除を申請した期間

平成21年4月~平成22年3月まで

⑥ 4分の3免除を申請した期間

平成22年4月~平成26年3月まで

⑦ 任意加入と付加保険料を納付する期間

平成26年4月~平成31年3月まで

納付済み期間 228月 + 56月 + 9月 +30月 = 323月

 

平成26年4月以降の国民年金の満額は、772,800円で納付済み月数は323月ですので下記の式に当てはめると

 

Aさんは65歳から520,000の国民年金を受給できることになります。

(年金額は50円未満切り捨て50円以上を100円に切り上げ)

 

65歳までは何とか働けるので、その間に国民年金の金額をなんとか増やしたいと思っている場合。

 

そんなときは65歳まで任意加入することができます。

平成26年4月~平成31年3月までの60月(5年)増やせます。

 

上図より65歳まで任意加入すると

納付済み期間 228月 + 56月 + 9月 +30月 +60日 = 383月

となり下記式に当てはめると

Aさんは65歳から616,600の国民年金を受給できることになります。

(年金額は50円未満切り捨て50円以上を100円に切り上げ)

 

任意加入をしている場合65歳まで付加保険料を納めることができますので

60月(5年間)付加保険料を納めると

200円×60月=12,000円増加することもできます。

 

60歳から65歳まで任意加入すると同時に付加年金を納めると

 

616,600円 + 12,000円 = 628,600円となり

 

5年間任意加入して付加保険料を納めた場合

628,600円+520,000円=108,600円

 

108,600円増額させることができます。

 

65歳まで任意加入をできる余裕があれば1つの選択肢になります。