繰下げ支給

老齢基礎年金の支給開始年齢は原則として65歳ですが、この支給開始年齢を66歳以降に繰り下げて増額された年金額を受給することができます

これを老齢基礎年金の「繰下げ支給」といいます。

 

この繰下げ支給の増額率は、老齢基礎年金の裁定請求の時の満年齢の「年単位」に応じて増額率が定められていました。

 

しかし、平成12年の年金法の改正により、昭和16年4月2日以降生まれの人の繰下げ請求は、裁定請求の時の満年齢の「年単位」から裁定請求の時の「月単位」による増額率に改正され、平成13年4月から実施されています。

 

注) 昭和16年4月1日以前生まれの人は、改正前の年単位の増額率が適用されます。

 

 繰下げ支給は、老齢基礎年金の受給資格期間を満たしている人が本来の老齢基礎年金の支給開始年齢である65歳を本人の希望する66歳以降に繰り下げて請求し、増額された老齢基礎年金を受給することができます。

昭和16年4月2日以降生まれの人は、裁定請求の時の月単位による増額率に改正されています。

注)昭和16年4月1日以前生まれの人の、繰上げ支給は、本人が裁定請求したときの満年齢に応じて年金額は年単位で増額され、請求のあった月の翌月から生涯増額された年金額が支給されます。

改正前

66歳で繰下げ請求しても66歳11か月で繰下げ請求しても、66歳からの繰下げ請求として12%増額された年金額となります。

改正後

66歳で繰下げ請求した場合は12か月(1年)繰下げとなり、66歳11か月で繰下げ請求した場合は23か月(1年11か月)繰下げとして、増額率は1か月繰り下げると0.7%増額された年金額となります。

66歳から繰下げ請求した場合は、8.4% (0.7%×12か月)増額され

66歳11か月で繰下げ請求した場合は、16.1% (0.7%×23か月)増額された年金額となります。

繰下げ支給の改正前と改正後の増額率

請求時の年齢

改 正 前

改 正 後

      66歳~66歳11か月

    12% (112%)

       8.4~16.1% (108.4~116.1%)

      67歳~67歳11か月

    26% (126%)

     16.8~24.5% (116.8~124.5%)

      68歳~68歳11か月

    43% (143%)

     25.2~32.9% (125.2~132.9%)

      69歳~69歳11か月

    64% (164%)

     33.6~41.3% (133.6~141.3%)

         70歳以上

    88% (188%)

              42.0% (142.0%)

*改正後の増額率は0.7%×65歳になった月から請求月の前月までの月数