遺族基礎年金はどんなときに受けられる?

遺族基礎年金は、次のいずれかの要件に当てはまる場合に、死亡した人によって生計を維持されていた「子のある配偶者」または「」が受給できます。

「子とは」

1.  18歳になった後の最初の3月31日までの子

2. 1級または2級の障害の状態にある20歳未満の子

が対象です。(婚姻している子対象とはなりません。)

(死亡した当時、胎児であった子も出生以後に対象となります)。

 

1. 国民年金の被保険者である間に死亡したとき。 (注1)

2. 国民年金の被保険者であった60歳以上65歳未満の方で、日本国内に住所を有していた人が死亡したとき。 (注1)

3. 老齢基礎年金の受給権者が死亡したとき。

4. 老齢基礎年金の受給資格期間を満たしている方が死亡したとき。

 

(注1)1または2の場合は、死亡日の属する月の前々月までの被保険者期間があるときは、その被保険者期間のうち、保険料納付済期間(厚生年金保険の被保険者期間、共済組合の組合員期間を含む)と保険料免除期間合算した期間が3分の2以上でなければならないことになっています。

死亡日が平成38年3月末日までのときは、死亡した方が65歳未満であれば、死亡日の属する月の前々月までの直近の1年間に保険料の未納がなければよいことになっています。