高年齢雇用継続基本給付金と在職老齢年金の併給調整

高年齢雇用継続基本給付金は、60歳以降も雇用保険の一般被保険者であることが要件の一つになっていますが、厚生年金保険の被保険者であることは雇用保険でも一般被保険者となります。

そのため、65歳未満の在職老齢年金の受給者であり、同時に雇用保険の高年齢雇用継続基本給付金の受給者となります。

このような場合には、高年齢雇用継続基本給付金と在職老齢年金は併給調整され、在職老齢年金がさらに減額されることになります。

高年齢雇用継続基本給付金と在職老齢年金の併給調整は、その人の60歳到達時の賃金月額を基準として60歳以降の標準報酬月額が75%未満に低下した場合に、その低下率に応じて「60歳以降の標準報酬月額の6%相当額」を限度に在職老齢年金の支給停止に加えて、さらに支給停止されます。

 低下率に応じた具体的な支給停止額は次のとおりです(60筬以降の標準報酬月額の低下率に応じた支給停止率(%)

 ① 60歳以降の標準報酬月額61%未満の場合

    60歳以降の標準報酬月額×6%(支給停止率)

 ② 60歳以降の標準報酬月額が61%以上75%未満の場合

    60歳以降の標準報酬|月額×低下率に応じて6%より逓減した支給停止率

在職老齢年金の支給停止率表

賃金低下率

在職老齢年金の支給停止率

賃金低下率

在職老齢年金の支給停止率

75%以上

67.50%

2.90%

74.50%

0.18%

67.00%

3.12%

74.00%

0.35%

66.50%

3.34%

73.50%

0.53%

66,00%

3.56%

73.00%

0.72%

65.50%

3.79%

72.50%

0,90%

65.00%

4.02%

72,00%

1.09%

64.50%

4.26%

71.50%

1.28%

64.00%

4.49%

71,00%

1.47%

63.50%

4.73%

70.50%

1.67%

63,00%

4.98%

70.00%

1.87%

62.50%

5.23%

69.50%

2.07%

62.00%

5.48%

69.00%

2.27%

61.50%

5.74%

68.50%

2.48%

61%以下

6.00%

68.00%

2.69%

高年齢雇用継続基本給付金の支給額は、60歳到達時の賃金月額を基準とした60歳以降の賃金額の低下率に応じて算出されますが、在職老齢年金の支給停止額は、60歳到達時の賃金月額を基準とした60歳以降の標準報酬月額の低下率に応じて算出される点にあります。