高年齢雇用継続基本給付金の支給額

高年齢雇用継続基本給付金の支給額は、その人の60歳到達時の賃金月額を基準として60歳以降の賃金額が75%未満に低下(低下率)した場合に、その低下率に応じて「60歳以降の賃金額の15%相当額」を限度に支給されます。

 

① 60歳以降の賃金額が61%以下の場合

   

② 60歳以降の賃金額が61%超えて75%未満の場合

賃金日額が300,000円 支給対象月に支払われた賃金が200,000円の場合

支給率は 200,000円 ÷ 300,000円 × 100 ≒ 66.67%

支給額は16,340円となります。

 

高年齢雇用継続給付の支給率と高年齢雇用継続給付を受給した場合の在職老齢年金の支給停止率

賃金低下率

雇用継続給

の支給率

在職老齢年金

の支給率

賃金低下率

雇用継続給

の支給率

在職老齢年金

の支給率

75%以上

67.50%

7.26%

2.90%

74.50%

0.44%

0.18%

67.00%

7.80%

3.12%

74.00%

0.88%

0.35%

66.50%

8.35%

3.34%

73.50%

1.33%

0.53%

66,00%

8.91%

3.56%

73.00%

1.79%

0.72%

65.50%

9.48%

3.79%

72.50%

2.25%

0,90%

65.00%

10.05%

4.02%

72,00%

2.72%

1.09%

64.50%

10.64%

4.26%

71.50%

3.20%

1.28%

64.00%

11.23%

4.49%

71,00%

3.68%

1.47%

63.50%

11.84%

4.73%

70.50%

4.17%

1.67%

63,00%

12.45%

4.98%

70.00%

4.67%

1.87%

62.50%

13.07%

5.23%

69.50%

5.17%

2.07%

62.00%

13.70%

5.48%

69.00%

5.68%

2.27%

61.50%

14.35%

5.74%

68.50%

6.20%

2.48%

61%以下

15.00%

6.00%

68.00%

6.73%

2.69%

 

(注1) 高年齢雇用継続給付の支給率の場合の低下率は、60歳到達時の賃金月額に対する60歳以降の賃金額のパーセント

(注2) 在職老齢年金の支給停止率の場合の低下率は、60歳到達時の賃金月額に対する60歳以降の標準報酬月額のパーセント

(注3) 60歳到達時の賃金月額=(60歳到達時前6か月の賃金総額÷180)×30(限度額あり)